鳩の糞による被害例とその場所|駆除する場合に気をつけること

密かに進行する白蟻被害

女性

木造建築の家は、白蟻が天敵です。もし、既に白蟻が床下や天井に住み着いてしまったのなら駆除対策が必要です。白蟻をそのまま放置していると、板を食い尽くされてしまい中身がスカスカになって強度がなくなってしまいます。白蟻は専門の駆除業者がいます。業者に依頼すると、様々な方法で駆除対策を行ってくれます。今回、その駆除方法についていくつか紹介していきます。まずは、薬剤を用いた駆除方法についてです。普通施工という方法であれば、白蟻駆除の際によく使用されている薬剤を床下や土壌に散布します。白蟻は小さな虫であるため、細部まで徹底的に薬剤を撒きます。MC(マイクロカプセル)施工という方法は、通常時に用いる薬剤よりも安全性が高く、殺蟻能力の高い「クロチアニジン」というものが含まれる薬剤を撒く方法です。この薬剤はマイクロカプセル剤として土壌に撒いたものがそのまま残るかたちで、その部分を白蟻が歩くとマイクロカプセルが付着し駆除していくことができるようになっています。また、体に付着するのでそれを巣に運ぶことで、巣全体の駆除も見込めます。
次にベイト工法という方法についてです。ベイト工法とは、セントリコン・システムとも呼ばれ、白蟻の木材を食べるという特性を利用して、巣を根絶することができます。この施工方法は、レスケミカル施工という薬剤の使用量を必要最低限にして行うため、人にも環境にも優しい施工方法となっています。その他にも業者によって違う施工方法を用意している場合もあります。どの駆除方法がよいのか迷う場合は、業者に相談して決めるのが一番です。